会長挨拶


クラブ会長のテーマ及び目標:
家族、社員、友人に誇れるロータリアンでいよう

2019-2020年度国際ロータリー マーク・ダニエル・マローニー会長はテーマに「ロータリーは世界をつなぐ」を発表されました。地域社会、職業ネットワークを広げ、より多様な会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促すことを求めています。

これを受け国際ロータリー2560地区大谷ガバナーは年次目標として次の2つを優先事項として掲げられました。

優先事項1;人々が手を取り合うのを促す
優先事項2;行動する

なにより行動することが重要であると訴えています。
ロータリーの活動を通してつながりを広げるには、自身がロータリーの活動を誇れるものでなければなりません。歴史ある長岡ロータリーがより楽しく、より刺激的で、より誇れるロータリーである為に行動します。

基本方針

1、会員、家族とのつながり
月一回は親睦会等のイベントを開催します。このうち4回は家族同伴での参加イベントとします。又、働き方が多様化しています仕事や家庭の事情で例会に出席しにくい方の出席を支援する仕組みを構築します。

2、仕事のつながり
会員企業への職場訪問を実施します。今年は海外展開されている企業を訪問し国際的な視野を広げます。

3、地域とのつながり
悠久山公園の清掃などボランテア活動を実施します。活動を積極的に広報します。
子育て支援事業として「あそび歌作家鈴木翼さんとふれあい遊び」を実施します。

4、歴史のつながり
来年度は長岡ロータリークラブ70周年事業の年となります。周年事業を企画するにあたり、これまでの事業、思いをたどり未来へつなげます。

数値目標
1、会員数 5%純増
2、例会出席率 90%以上
3、ハワイ国際大会 10名以上