60周年記念報告会員からのメッセージリンクプライバシーポリシーサイトマップ

 

2019年8月20日  第3321回  例会            

                     

(司会:阿部広志さん)

 

☆点鐘:会長             

          

☆ビジター紹介(小森 卓さん)

 長岡東ロータリークラブ 田村 巖さん

 米山奨学生  徐鋭さん

 

☆米山奨学生へ奨学金贈呈   徐鋭さん

   

☆ニコニコ情報

○髙野 裕さん

  

 皆様に葉書を配らせて頂きました。「第10回四人展」を行います。写真の展覧会です。9月22日から1週間、長岡市中央図書館の2階です。今までの作品の良いものを展示いたします。良い作品がございましたら、写真展終了後にお譲りします。

 

○長部三郎さん

  

 原山さんの卓話の激励と原山さんへのお礼です。原山さんの前任地が小松でしたので、気になっていたことをお聞きしました。新潟は越後、富山は越中、福井は越前です。石川県は、越中でも越前でもないので不思議でお聞きしました。素晴らしいご説明を頂きましたが、その話をすると卓話並みになりますのでここまでと致します。

 

○東 良広さん

  

 報告がございます。お盆に長女が東京から帰省いたしまして、結婚するという事で彼氏を連れて参りました。ちょっと寂しい気もしましたが、ホッとしました。

 

☆会長挨拶(松原会長)

  

 日経新聞の先週号に出ていた特集で、「見直せ 学歴分断社会」この記事についてご紹介します。学歴が経済に左右されていて、分断状況が出ていくと言う記事です。現状、高卒が25%、大卒が42%、専門学校16%で、中卒高卒含めて大体3分の1、残りが大卒又は専門学校卒となっております。25歳から29歳の高卒者の平均年収は、356万。それに対して大卒者は433万です。70~80万の差があります。生涯にすると約5千5百万の差が出ると書いてありました。居住地は、高卒の就職率は、地元8割になります。都内の大卒者の76%は、東京にとどまります。地方には半分しか戻って来ません。結婚に対しますと、大卒者同士の結婚、高卒者同士の結婚が7割になります。出生率は、大卒は0.91人、非大卒者は1.3人です。日本人の2台人生モデルは、大卒型は、大学卒業後地元外に職を持ち、単身世帯か核家族で暮らす。配偶者も子供も大卒で子どもは少な目。非大卒者人生モデルは、高校卒業後地元で就職し、実家の近隣で暮らす。配偶者も子供も非大卒者で子どもは多め。社会問題の温床なっているのは、大卒者、非大卒者の分断そのものと言うよりも、大卒者人生をモデルに目指した方が幸福になれるというイメージが浸透している事により都市への集中と地方の過疎です。私の子供2人も就職しております。子供も大学に行きました。1人は、静岡、もう1人は東京で就職しております。お盆に帰って来まして、酒を飲みながら話しました。長男は、転職は考えているが、長岡に帰る気はまだまだ無いようです。人生モデルとしてはたしてそれが幸せなのかが疑問視されています。年収で5千5百万の差があったとしても、都会で暮らすのは大変な訳です。何をするにもお金が掛かるので、5千5百万なんてあっと言う間に無くなります。例えば、通勤に1時間半かかるのが平均です。我々ですと30分も掛かれば遠いです。私もロータリーに入ってゴルフをしたり好きなことが出来る状況になっています。これが関東では難しいです。改めて、子供たちと話してこんなに楽しくやっているという事を伝えて行ければと改めて思いました。

サイト検索

ロータリーテーマ

 

クラブ事務局

国際ロータリー第2560地区 新潟県
長岡ロータリー・クラブ

クラブ事務局

新潟県長岡市坂之上町2丁目1−1
長岡商工会議所 6F

クラブ事務所所在地

TEL :(0258)33-7005
FAX :(0258)36-1042

mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

例会場

新潟県長岡市東坂之上町1丁目2−1
長岡グランドホテル

例会場所在地

TEL :(0258)33-2111

会員専用